トイレ内や手洗い場で水漏れした際の対策

家庭の水周り部分には、すべて水道の蛇口と排水溝があり、住宅の中でも最も傷みやすい場所とされています。漏れ出てしまった水分は、すき間を伝って周囲に広がるばかりか、大量のカビを発生させる原因ともなり、床下を腐らせてしまうこともあります。速やかに対策を採り、適切な処置を施さなければなりません。

■トイレの水漏れは手早い応急措置が肝心

一戸建て住宅の場合、そのほとんどが1階部分にトイレと手洗い場を設置していますが、マンションやアパートの場合、集合住宅ということもあって、トイレの水漏れが一軒だけの被害にとどまらないケースもあります。下の階に被害が生じ、修繕費や損害賠償を請求されることも少なくありません。したがって、被害が拡大してしまわないよう手早い応急措置が必要となります。最近では、マンションやアパートなど、中古の建物を購入し、投資の対象として賃貸を行うケースが見られますが、水周りだけはしっかりと確認しておきたいものです。15年目を耐用年数と考え、定期的に検査を行い、トイレの交換も検討しておく必要もあります。

■漏水が起きている場所の特定

漏水は大きく分けて、手洗い場やタンク内からきれいな水が漏れ出ることと、便器や配水管のトラブルによって汚水が漏れてしまう2つのケースがあります。汚水の場合は使用を禁止し、ぞうきんなどで水を除去します。きれいな水の場合は、止水栓を止めるか水道の元栓そのものを閉めます。
排水管が詰まってしまうと、汚水が逆流してしまいますので詰まり対策として、定期的なパイプ薬剤の使用で汚れを除去しておくことが有効です。

■まとめ
トイレの耐用年数は一般的には 15年程度とされていますので、それを目安に定期的に水が漏れていないかのチェックが必要です。少しの水漏れでも、様々なトラブルを引き起こす原因となります。速やかに漏水の出どころを確認し、水を止めるあるいは補修などを行いましょう。自分で処置できない場合は水道 評判の良い専門の業者に連絡し、早めに修理してもらうことが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ