トイレのつなぎ目からの水漏れの対処と便器のトラブル

どのご家庭でも頻繁に利用するトイレは、使用不可能となってしまうと困ってしまいます。トイレ 水漏れなどのトラブルは、詰まりや水漏れが最も多くみられます。ここでは、自分でもできる簡単な水道 修理の対処方法と、便器のトラブルについて理解しておきましょう。
  
■自分でできるトイレの水道 修理

トイレが利用不可能となってしまう原因は、水漏れや詰まりです。そのほとんどが、老朽化によって起こるもので、10数年以上経っているトイレには、常にチェックを怠らないことが大切です。まず、始めにチェックすべきなのは、流れ出てしまった水が綺麗な水なのか、濁った汚水なのかです。汚水の場合は、自分で修理する事が難しく、専門の業者を呼ぶ必要があります。ただし、きれいな水が漏れている場合、自分で修理することも可能な場合があります。水道管に直結する給水管や蛇口部分は、つなぎ目に使用されているパッキンの劣化で水が漏れてしまうこともあり、自分で交換することで水道 修理を行うことができます。まずは、止水栓を止め、パッキン部分の部品を確認し交換を行います。

■便器のトラブルとは

トイレの水漏れは、便器のトラブルによって起こることもあります。本体のひび割れなどの損傷によって、水が漏れてしまうケースです。この場合、汚水が漏れてしまうことも多く、非常に厄介な原因となりますが、簡単にひび割れが生じてしまったり壊れてしまうことは滅多にありません。ただし、老朽化した中古住宅などを購入する際には、気をつけておかなければなりません。

■まとめ
家庭用のトイレに使用される、給水管や水道の蛇口のつなぎ目に使用されるパッキンは、ゴム製のものがほとんどで、ホームセンターなどで購入し、自分で交換することも可能です。便器のトラブルの場合は自分で修理できない場合もあります。トラブルの状況に合わせて対処方法を考えましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ