トイレのウォシュレットからの水漏れ

トイレの水漏れで、意外と多いのが、ウォシュレット 水漏れです。ウォシュレットの耐用年数は、7年から10年程度と言われており、便座そのものよりも劣化が早いです。ウォシュレットは、家電製品の為、永久的に使えるものではありません。

■ぽたぽたと水が漏れてしまうウォシュレットの原因

ウォシュレットから水が漏れてしまう際には、まずは落ち着いて便座の周りを確認して原因を探ってみましょう。水洗ノズルや給水パイプ、内蔵してある温水タンク内部から、減圧弁や止水栓と元栓も水漏れの可能性が高い場所です。また、ジョイント部分なども、柔らかい素材を使っていることが多く、給水ホースのつなぎ目などにも注意が必要です。操作パネルが水漏れが原因で問題が生じてしまった場合は交換が必要になります。

■水漏れを発見したら

接合部から水が漏れることや配水管によるトラブルもあります。接合部分から漏れている場合、本体を伝って床全体を水浸しにしてしまうこともあります。また、環境によっては結露によって水滴が発生する場合もあります。
トイレでの水漏れを発見した際には、業者に連絡する前にまず、どの個所から水が漏れているのかを確認し、漏水を止めます。トイレの付近にある止水栓をしめれば水の供給を止めることができるため、落ち着いて対処できるでしょう。

■まとめ
ウォシュレットの内部には様々な部品が使用されているため、トラブルが起きたからといって自分で修理することは避けたほうが安全です。まずは水をとめて、水漏れの原因を特定し修理業者へ依頼することが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ